衣類を収納するときは?

衣類を収納するときは?

断捨離が流行っておりますが、なかなか捨てられないのは洋服・衣類であります。

私も服を買ってはためこみ、2~3年着てないものもいっぱい・・・。

挙句の果てには、たんすに入りきらない洋服が大きな袋にたくさんあり、山積みになっている状態です。

しかし、気をつけなくてはいけないのは、衣類は、風水では収納の仕方によって運気が大きく左右されるアイテムと考えられています。

運の良い収納、運気をあげる収入を心がけなくてはいけません。

さぁ、今日から私も実践です。

視覚的なインテリア空間も大事ですが、その中にある収納空間も、風水的空間として、空間を整える意識を持ちましょう。

では、衣類の中で、特に注意すべき衣類は何でしょう?

それは下着です!

下着は、衣類の中で一番内側にまとう布(=身体に密着)のため、運気に及ぼす影響が大きいとされています。

風水の基本は、陰陽のバランスです。

そしてバランスは、陰4と陽6がベストだと考えられています。

わかりやすくいうと、地面に近づく程「陰」の気が強まり、逆に、上に行く程「陽」の気が強まります。

この考え方は、家具やインテリア空間だけではなく、収納空間にも、その他の空間にも応用できます。

例えば、タンスを例にとってみましょう。

陰陽のバランスが一番良い場所とは、タンスの真ん中ではなく、その少し上の段となるわけです。

その陰陽のバランスが良い場所に下着を収納すれば、下着の持つ運気が強くなるでしょう。

注意することは、くれぐれも、下着をタンスの一番下の段に収納しないようにしましょう。

大地に近い場所は、地面に近づく程「陰」の気が強まってしまうので、下着の収納には不向きです。

また、衣類の収納を行う上で、季節のアイテムの収納は非常に大切です。

では、季節のアイテムについてみていきましょう。

まず、夏物と冬物、薄手のものと厚手のもの、といった相対するものを同じ段に収納するのは、あまりおすすめできません。

なぜなら、季節を混ぜてしまうと、区切りのない時間を過ごしてしまう事になってしまうからです。

また、冬物や厚手のものなど、寒い季節に着る衣類は「陽」の気が強いので、タンスの下段に収納するのが良いでしょう。

逆に、夏物や薄手の物は、上の段の方に収納するようにしましょう。

おしまいに、衣類の色はどうでしょう?

色については、色の濃い物を下段、色の薄い物は上段へ収納しましょう。

色によっても、陰陽のバランスが取りやすくなります。